転職スマートガイド

30代、40代、中途採用でも成功!評判のいい転職サイトはココ!

相手を慮った挨拶を心がけよう

 

挨拶が事務的に

ビジネスマンにとって挨拶はコミュニケーションのきっかけになるもので、人間関係を円滑にするためにも欠かせないことです。しかしあまりに挨拶慣れしてしまうと、空気のような存在になってしまって、それほど意識せずに挨拶をかわしているケースもしばしばみられます。

しかし当たり前の感じになってしまうと、失敗することも出てきます。挨拶を受けた方は事務的な応対をされたと思ってしまうからです。

では、事務的ではない挨拶をするためには、どのようなところを意識すべきなのでしょうか?


相手に配慮する

事務的にならない挨拶の方法に、高度なスキルは必要ありません。簡単に言えば、相手のことを考えて挨拶をすることです。そうすれば、自然と気持ちのこもった挨拶になって、相手のあなたに対する印象もアップします。

具体的な事例で紹介しましょう。


挨拶によって気持ちが変わる

例えば、真夏の炎天下の中、自分の会社に取引先の営業マンがやってきたとします。額から汗が噴き出しているのを見て、事務的に対応されたら相手はどう感じるでしょうか?「敬意を払ってくれていない」とマイナスの感情を抱くかもしれません。

この後味の悪さは、しばらく残る恐れもあります。しかしここで「こんな暑い日にお呼び立てして恐縮です」といった、相手にねぎらいの言葉をかけたらどうでしょうか?訪れた側も暑い最中を必死になって駆け付けた甲斐があります。

そうすればあなたに対して好印象を抱き、打ち合わせや商談も和やかな雰囲気の中で進められるはずです。