転職スマートガイド

30代、40代、中途採用でも成功!評判のいい転職サイトはココ!

就職・転職のために必要な資格とは

就職・転職のために必要な資格とは

就職、転職をする上で実際に役立つ資格とはどんな物でしょうか。現在は実に数多くの資格や検定試験が存在し、同じジャンルでも数種類の資格が存在するものもあります。

.直接就職や転職に生かすなら、例えば宅地建物取引主任者(通称宅建)等のように、「?業」として企業登録する際に、その資格者を何人以上置いていなければならない、という規則や法令の定めが設けられている職業があります。つまりその会社に就職、転職するなら絶対必要な資格というのがこれです。


次に大切なのは、資格の属性です。資格は、大きく分けて「国家資格」「民間資格」「公的資格」の3つに分類されますが、必ずしも国家資格が有利というわけではないのです。

国家資格でも、認知度の低いものや、既に同じもので民間の資格が浸透している場合、たとえ試験に合格しても、直接就職や転職で武器になるとは限らない場合もあるからです。


また、当然の事ながら、資格試験を受ける準備も必要になってきます。就職、転職に即生かせる資格試験は、どれもそれなりの準備や勉強が必要ですから、就職、転職を考えてから取得するのでは間に合わないケースもあります。

もし、取得を検討している資格、検定があれば、今すぐ必要でなくても、受験資格ぐらいは確認しておき、受験のタイミングを計画しておくことも、成功の秘訣です。


全体の合格率が10%を切るようないわゆる難関試験を除いて、ほとんどの資格試験では、1発合格できる可能性が高いのです。本当に自分にとって必要かどうかを確認したら、できるだけ一発合格をめざし準備しましょう。