転職スマートガイド

30代、40代、中途採用でも成功!評判のいい転職サイトはココ!

コミュニケーションは目を見て

 

相手の目を見られない

会社勤めをしている人の中には、内向的だったり人見知りな方もたくさんいます。このような人がやりがちな失敗は、相手の目を見て話ができないケースです。

せっかく取引先の人とあいさつをしても、目を見て出来なければ、「心がこもっていないな」と相手に誤ったメッセージを送ってしまいかねません。またいくらきちんとした説明をしても、相手の目を見られないのであれば「自信がないのかな」と相手に思われます。

 

相手の目を見てコミュニケーションをとる

挨拶などをする時には、相手の方向を見て、相手の目を見て行うことが大事です。そして相手に挨拶してもらうのを待つのではなく、相手の存在に気が付いた時点で自分から挨拶することが重要です。

先手の挨拶は後手と比較して好感度がアップしますし、積極的に仕事を進めようとする意欲を感じさせてくれます。

 

苦手な時はフリをしてみる

ただし相手の目を見られないという人もいるのも事実です。どうしても相手の目を見て話をすると萎縮してしまうとか、緊張してしまうのであれば、相手の目を見ているフリをしてみると良いでしょう。例えば、相手の耳たぶを見てみるのはいかがでしょうか?

耳たぶは柔らかな部位ですから、目を見るよりもハードルは高くないはずです。しかも相手からしても、「私の耳たぶを見ているな」とは気づかないはずです。相手は自分の目を見ていると思ってくれるでしょうから、怖くて目を見つめられないのであれば、耳たぶを意識してみる習慣をつけましょう。