転職スマートガイド

30代、40代、中途採用でも成功!評判のいい転職サイトはココ!

正式な形のあいさつを心がけよう

 

挨拶は重要な行為である

ビジネスマンの失敗談の中で、何度も会っている取引先の人になると「もう挨拶はいいだろう」と思ってしまう人も多いようです。その他には最初は丁寧に挨拶していたけれども、付き合いが深くなるとフレンドリーに対応してしまうパターンもしばしばみられます。

しかしビジネスマナーとして大事なのは、いつでも誰に対しても丁寧に挨拶をすることです

存在感を残す効果も

何度も会っている取引先の相手でも、決して挨拶を省略することのないようにしてください。すれ違った時に何もしないのと、軽い会釈だけでもするのとでは、相手に対するあなたの存在感の印象付けが変わってきます。

また取引先に行った時には交渉相手だけでなく、出会った人すべてに挨拶を心がけるようにしてください。そうすれば、後々取次ぎをお願いする場合でもスムーズに事が進みます。何度も合っているとつい親しみがわいてフランクな挨拶をしてしまう人もいます。

しかし「親しき中にも礼儀あり」という言葉もあるように、丁寧に挨拶することを心がけてください。

挨拶はすべての人に

挨拶をするのは目上の人や取引先の人だけだと思っている人も少なくないようです。しかし上司や先輩だけでなく、同僚や後輩にも挨拶する習慣をつけておきましょう。そうすれば、自然に分け隔てなく挨拶ができるようになります。

他人とのコミュニケーションのとっかかりをつかむ上で挨拶は重要ですから、しっかりマスターしておきましょう。